ムダ毛の構造はどうなっているの?

ムダ毛の構造

ラヴォーグのような全身脱毛サロンに通うなら、ムダ毛の構造についても理解しておくと良いです。


全体の断面図は図表の通りですが、この断面図に記載されている用語を1つずつ解説して言います。

ムダ毛(体毛)は見た目上、毛幹と毛根に分かれます

ムダ毛つまり人間の体毛のうち、皮膚の表面に出ていて目に見える部分を「毛幹」と呼びます。


これに対して、目に見えない部分を「毛根」と呼びます。体毛の重要な機能は毛根部に集中していて、毛根部の各機能を理解することが重要となります。


毛根部の各機能

外側から順に説明すると、まず「毛包」と呼ばれる袋状の組織が、体毛を包むように存在しています。毛包の皮膚表面の出口が「毛穴」です。


毛包は体毛の根元を包むように存在していますが、体毛の根元には「毛母細胞」があります。毛母細胞は、人間の細胞の中でも、もっとも細胞分裂が早いものの一つです。毛母細胞が素早く分裂することで、ムダ毛は目に見えるほどの速度で成長して行きます。


毛母細胞のなかには「毛乳頭」があります。構造としては、毛乳頭のまわりを毛母細胞がぐるっと取り囲んでいるというかたちです。毛乳頭は、毛細血管から栄養を取り込んで毛母細胞に伝えています。


脱毛施術のターゲット

光脱毛でもレーザー脱毛でも、脱毛施術のターゲットは毛乳頭です。


毛乳頭は毛母細胞に影響を伝える役割を担っているのですが、光脱毛やレーザー脱毛は、照射した光の熱を毛乳頭に伝えて、毛乳頭の働きを壊す(レーザー脱毛)またはダメージを与える(光脱毛)ことで、脱毛効果を得ています。


光脱毛やレーザー脱毛などの脱毛施術を受けると、毛乳頭から毛母細胞に栄養が伝わらなくなり、ムダ毛の成長は止まって自然に抜け落ちます。脱毛施術では、人為的にムダ毛の成長を止めて、ムダ毛を自然に脱毛させるものなので、皮膚へのダメージという点では問題ありません。


ところが、毛抜きで抜いてしまうと、毛根部の重要組織がすべて生きているままに、無理やり引き抜いてしまうことになるため、皮膚に非常に大きなダメージを与えます。


自己処理の基礎知識でも説明しましたが、なるべくムダ毛を抜くことは避けるようにしましょう。


全身脱毛サロン『ラヴォーグ 吉祥寺店』について紹介しています。格安な料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみて下さい。脱毛情報なども順次追加しています!