ムダ毛の自己処理の基礎知識

ムダ毛の自己処理の基礎知識

自己処理(じこしょり)とは、漢字で読むと自分で処理すること。何を処理するの?というと、ムダ毛の除去です。


ラヴォーグのような専門の脱毛サロンで脱毛施術を受けるのではなくて、自分自身でムダ毛を取り除くことを自己処理と呼びます。


脱毛サロンのなかでも普通に使われる言葉になっています。


ラヴォーグのような全身脱毛サロンに通っていても、脱毛施術が完了するまでの間は自己処理が必要となります。自己処理は、面倒なだけでなく、どんな方法をとっても、肌に負担をかけてしまうものです。


このため、自己処理についての基礎知識を正しく理解しておくことが重要です。


自己処理の基本ルール

自己処理の基本ルール

自己処理には、ひとつ明確な基本ルールがあります。それは「できるだけムダ毛を抜くことは避けた方が良い」ということです。


自己処理は、どんな方法を取っても、肌・皮膚にダメージを与えてしまうものですが、ムダ毛を抜くと与えるダメージがとりわけ大きくなってしまうのです。



肌・皮膚にどのぐらいダメージを与えているかは、「痛み」が一つのバロメーターになります。


ムダ毛を毛抜きで抜くと「痛い」ですよね。毛穴周辺の組織も大きく傷つけているため、激しい「痛み」として警告を与えているわけです。

ムダ毛を抜く系統に入る自己処理方法

ムダ毛を抜く系統に入る自己処理方法は、毛抜きだけでなく、脱毛ワックスや脱毛テープがあげられます。共通するのは、とにかく「痛い」ということ。痛い自己処理方法には要注意です。


正しく使えばカミソリで剃るのがベスト

カミソリで剃るのがベスト

自己処理は、正しく使えばカミソリで剃るのがベストです。


カミソリで剃ると、ムダ毛の毛根部はそのまま残り、皮膚から出ている目に見えている部分だけをカットすることになります。


この毛根部がそのまま残るということが重要で、このことで大きなダメージは回避できるのです。


もちろんカミソリで剃っても一定の負担はかかります。刃で肌の表面をごく薄く削ることになってしまうので、カミソリで剃る前後に適切にケアしてあげることが重要です。

ムダ毛を途中でカットする系統に入る自己処理方法

ムダ毛を途中でカットする系統に入る自己処理方法は、カミソリだけでなく、電気シェーバーや脱毛クリーム(除毛クリーム)があげられます。共通している点として「痛くない」方法であることが分かるでしょう。


電気シェーバーは便利なので、積極的に活用してみると良いでしょう。脱毛クリーム(除毛クリーム)は、比較的強い薬剤を使ってムダ毛を溶かすものですので、自分の肌との相性には気を付けた方が良いです。


自己処理前後のケア

蒸しタオル

自己処理前後のケアは大きくは次の3ステップです。


@自己処理前には、対象部位を温めてムダ毛を柔らかくする。
A自己処理後には、対象部位をいったん冷やす。
B最後に必ず保湿ケアを行う。


こうした一連のケアの際には、蒸しタオルを使うと便利です。


蒸しタオルは自宅でも簡単に作ることができます。水に濡らしたタオルを軽く絞って、食品用のラップで包み、電子レンジで温めるだけです。温める時間は数十秒あれば十分で、時間の長さで好みの温度に調節できます。


蒸しタオルは、温かいうちは自己処理前のケアに、冷えてきたら自己処理後のケアに使える優れものです。自己処理の際には、(とくにカミソリで剃る時には)蒸しタオルをぜひ活用してみてください。


全身脱毛サロン『ラヴォーグ 吉祥寺店』について紹介しています。格安な料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみて下さい。脱毛情報なども順次追加しています!