脱毛サロンで永久脱毛できるの?

永久脱毛

ラヴォーグのような全身脱毛サロンに通うとき、脱毛サロンで永久脱毛できるのかどうか、気になる人は多いでしょう。

 

ところが「永久脱毛」という言葉にはちょっと注意が必要です。

 

私たちが永久脱毛と聞くと、文字通り2度と永遠にムダ毛が生えないことと思ってしまいますが、永久脱毛という言葉の定義は実はそうではありません。

 

永久脱毛という言葉の定義は、米国電気脱毛協会 AEA(American Electrology Association)が1958年に定めたものが、日本でも使われています。

 

AEAの永久脱毛の定義とは、「脱毛施術後、1か月後のムダ毛の再発率が20%以下であること」です。これを聞くと、20%がラインなの!?と思ってしまう人は多いでしょう。

 

医師法の規定

医師法

日本では、もう一つ医師法の規定を考える必要があります。

 

医師法では、毛乳頭を破壊するレベルの強さの脱毛施術は医療行為に該当すること、具体的にはニードル脱毛とレーザー脱毛がそれに該当すること。結果、ニードル脱毛とレーザー脱毛を永久脱毛と呼ぶことができること、が規定されています。

 

エステ脱毛(脱毛サロン)で行われる光脱毛は、毛乳頭を破壊するほどではなく、ダメージを与える程度の強さであるため、医師法の規定外と考えられています。

 

この場合の永久脱毛の定義も、先のAEAの定義と同じです。

 

正直、「脱毛施術後、1か月後のムダ毛の再発率が20%以下であること」という定義は、正しく使用すれば、家庭用脱毛器でもクリアできる可能性があるでしょう。

 

このため、永久脱毛という言葉は、実際のところかなり微妙な立場になってしまっています。

 

脱毛効果そのものは、ニードル脱毛、レーザー脱毛、光脱毛、の順に効果が高いことは間違いありません。問題は、永久的な2度とムダ毛が生えない脱毛施術のラインが、実際問題としてはかなり微妙な位置づけになっているということです。

 

永久脱毛について、まとめ

永久脱毛という言葉の定義を厳密に考えても仕方がないところがあります。
脱毛サロンは、医師法の規定により永久脱毛と呼ぶことができません。
脱毛サロンでの脱毛効果が、どのぐらい永久的な効果があるかどうかは、無料カウンセリングの際に確認してみると良いです。

 

全身脱毛サロン『ラヴォーグ 吉祥寺店』について紹介しています。格安な料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみて下さい。脱毛情報なども順次追加しています!